唐の時代~第9代皇帝玄宗

楊貴妃を寵愛したことで知られる玄宗は、「開元の治:かいげんのち」と呼ばれる政治で、中国史上とても安定した政治を行い唐を絶頂期へと導きました。ところが、治世の後半期に玄宗が楊貴妃を寵愛したことで、政治を放棄してしまったため唐は混乱したため、それが安史の乱を招くことになり唐は疲弊してしまい国力も衰え世界帝国だった唐は力を失うことになりました。

玄宗

唐の第5代皇帝、睿宗(えいそう)の第3子として洛陽で生まれました。この父は皇帝とは名ばかりの、中国発の女帝となった武則天(ぶそくてん)の傀儡として皇帝の立場にいました。そのため、玄宗が生まれた頃は武則天の時代で唐の治世というよりは、武周の時代でもありまさした。玄宗は、最初は叔父にあたる皇太子の養子となっていました。705年に玄宗(この当時は李隆基)が20歳になった時に、祖母の中宗に禅譲することで武周は消滅したため、唐が復活してはいましえたが、まだこの頃の朝廷には玄宗(当時李隆基)の叔母で、武后の娘の太平公主といった武后一族の勢力が残存していました。

皇太子になるまで

中宗の皇后にあたる韋皇后(いこうごう)は、武則天に倣って政権を掌握するため中宗を毒殺しました。韋后は代わって擁立した殤帝(しょうてい)を傀儡として第7代の皇帝として、自らに禅譲させようと企てていました。このたくらみにたいして、李隆基(玄宗)の従兄にあたる皇太子の李重俊が、韋后に対してクーデターを起こしましたが、このクーデターは失敗しました。李隆基(玄宗)はこの失敗を見て自分の教訓として、1ヵ月後に太平公主と協力して韋后の排除を計画します。そして計画は、710年に実行されることになり、韋后の一族を皆殺しにしました。

これによって父睿宗がふたたび復位することになり、李隆基はこの功により第3子でありながら皇太子に立てられることになりました。ちなみに隆基には、父・睿宗が武則天の傀儡として皇帝の地位にあった時期に皇太子に立てていた長兄の李憲(成器)がいましたが、長兄の李憲は弟の才能と功績を認めて皇位継承を放棄したため、皇位継承争いは生じませんでした。

ちなみに弟の隆基も、皇帝に即位した後も常に兄に対して敬意を払っていたため、兄の死後には皇帝として追号「譲皇帝」をしています。皇太子となった隆基でしたが、太平公主との間に主導権争いが発生します。しかしこれは712年に、正式に睿宗から帝としての地位が譲位されたのち、太平公主を殺害して実権を掌握したことで決着を見ることになりました。

治世の前半

唐の絶頂期と高い評価を得ている、玄宗の前半の治世です。この時期のことを「開元の治」といわれています。玄宗が行った政策は、仏教僧達の宗教法人資格の見直しをしたり、税制改革や節度使制の導入などがあげられます。これらの、玄宗初期の政策を玄宗の下で行ったのは武則天に見出された姚崇(ようすう)・宋璟(そうえい)という両宰相です。

楊貴妃とのかかわり

唐は全盛期となり、まさに天下泰平という中で玄宗はしだいに政治に背をそむけるようになりました。737年に、皇妃の武恵妃(ぶけいひ)の死去により、玄宗は新たに後宮を求めました。そして目をつけたのが、740年に玄宗の息子の妃になっていた楊貴妃が見出されることになりました。この時の玄宗は、55歳になっていました。

楊貴妃は、その2年前735年に玄宗と武恵妃の間の息子の妃となっていましたが、玄宗に見初められて実質的な内縁関係になり、玄宗の後宮に入り皇后と同じ扱いを受けるようになりました。玄宗は楊貴妃に溺れていきます。それは歌にまで読まれるほどで、「これより皇帝は朝早くには朝廷に出てこないようになった」とあるように、政務への緩みが認められるようになりました。

玄宗が楊貴妃を寵愛していた間に、唐の朝政を運営していたのは、宰相の李林甫です。李林甫は政治能力はとても高いが、その性格はとても悪辣な面があり、次々に政敵を自身の策略によって次々と失脚させています。この李林甫が19年も宰相の地位にあり後に起こる「安史の乱」の遠因をつくったことも間違いありません。

李林甫が亡くなったあとに実権を握ったのは、楊貴妃の従兄・楊国忠と混血児の安禄山です。このふたりは激しい権力闘争を行っていきます。そして755年に、楊国忠が安禄山の事を玄宗に告げ口したことがきっかけとなり、自身の立場に危機感を覚えた安禄山は、唐に対して反乱を起こしました。そしてこれが「安史の乱」といわれる乱です。この名前は、反乱の主導者となった安禄山とその部下の史思明の名前から「安史の乱」といわれています。

安禄山の攻撃に、玄宗たちは四川省の蜀へと避難を余儀なくされることになりました。そして蜀への避難の途中で、まず兵士たちによって楊国忠が殺害されます。そして楊貴妃も玄宗から自殺を命じられることになりました。(これには、玄宗が部下から楊貴妃の殺害を要求されたたため)結果、唐の国内が混乱する中756年に、玄宗は皇太子の李亨に帝としての位を譲って太上皇となりました。「安史の乱」が終結した後に、長安に戻った玄宗は半分軟禁された状態となって、762年に崩御しました。

実は音楽の名手

楊貴妃に溺れた帝として大変有名な玄宗ですが、歴代の唐の皇帝の中で特に音楽にすぐれていた人物でもあります。玄宗が作曲したものには、「霓裳羽衣の曲」(げいしょうういのきょく)があります。これは外国音楽を取り入れられた曲です。この曲に合わせて舞いが得意とした楊貴妃が踊り、宮中の宮人たちが数百人で舞うこともあったとされています。この時代は、舞踊も発展した時代で楽団の演奏に合わせて大勢が音楽と共におどり、身体をひるがえす瞬間に衣の色をかえて、地面に伏して型を舞うといった集団舞踊も存在していました。

玄宗がつくった「霓裳羽衣の曲」は、「安史の乱」以降は唐というこの国を傾けた不詳の曲だと疎まれることになり、楽譜も散乱してしまいました。

『特別展 中国王朝の至宝』特別展示品の国宝「阿育王塔」など一級国宝がすごい

『特別展 中国王朝の至宝』特別展示品の国宝「阿育王塔」など一級国宝がすごい イメージ