中国最古の王朝「夏」

中国最古の王朝と言われているの「夏」もしくは「夏后」です。「夏」「殷」「周」を三代といいます。従来は中国最古の王朝「夏」は、伝説だとされていましたが近年んでは考古学資料の発掘から、「夏」が実在した可能性が見直されています。今回の『特別展 中国王朝の至宝』でも第一章で「夏・殷」で取り上げています。現代の中国歴史・考古学学会では中国最古の王朝「夏」は実在したものだとみなされています。

「夏」は、紀元前2070年頃~紀元前1600年頃といわれていて、中国の史書には初代の禹から末代の桀まで14世17代、そして471年間続いたと記録されています。「夏」は「殷」によって滅ぼされました。

夏の歴史はどのようなものなのか

炭素14年代測定法によって、河南省偃師の二里頭村の二里頭遺跡や河南省新密市の新砦遺跡などに痕跡を持つ「二里頭文化」が最古の王朝「夏」の時代に相当する年代のものだと確定されているため、文献史料のいう「夏」は二里頭文化ではなかろうかと比較されまた推定されています。

二里頭遺跡

新石器時代の遺跡になっていて、掘り出された住居の跡から人口2万人以上と推定されています。その当時としては、世界有数の大規模集落になっています。そこで発掘されたものは、銅爵(どうしゃく)、宮殿区、トルコ石で表現された龍、龍の文様の入った玉璋(ぎょくしょう)など発掘されています。

「宮殿区」の南門近くにある「一号宮殿」は、回廊に囲まれていて、その内部には広い空間となっている「中庭」、そして正面に「正殿」(せいでん)を配している構造になっています。この構造は、後の中国歴代王朝の宮殿構造に近くなっていて、歴代王朝ではここで宮廷儀礼を行っていることから、宮廷儀礼もこの時代からすでに始まっていると考えられています。

ヒスイの龍は、二里頭文化以前に栄えた遼河流域の興隆窪文化や紅山文化でも発掘されています。そのためヒスイの龍は、遼河流域の文化の影響があるのではないかと示唆されています。龍は歴代王朝は王の権威の象徴として用いられていることと、歴代王朝の宮殿と類似する宮殿の跡などからも、二里頭文化が歴代王朝に影響を与えた文化だと考えられていて、二里頭文化こそ夏王朝だと推測している学者も多くみられます。

また、二里頭遺跡周辺の当時の土壌に残る種子の分析から5種類の穀物を栽培していたことが分かる痕跡があります。粟(あわ)、キビ、小麦、大豆、水稲です。この穀物の栽培の痕跡から、気候によらず安定した食料供給が可能となったと考えられています。穀物の栽培の痕跡から、それまでに衰退した他の中国の新石器時代に起こったほかの各文化との違いにもなっているため、その後の商(または殷)とも推定される二里岡文化へと繋がる中国文化の源流となったとも言われています。

夏の始まり

夏王朝の始祖になる「禹」(う)は、五帝の一人顓頊(せんぎょく)の孫にあたる人です。帝として中国神話に登場した君主の堯(ぎょう)の時代に、禹は治水事業に失敗した父の後を継おで、舜(しゅん)帝に推挙される形で、黄河の治水事業にあたりそこで功績をなして大いに認められました。

舜は人望の高かった禹を後継者と考えていました。舜が崩御した後の3年間、喪に服した禹は、舜の子の商均を帝位に就けようとしましたが、諸侯たちが商均を舜の後継者と認めなかったため、禹が帝位に即位して、陽城に都城を定めました。禹は姓は姒(じ)と称していましたが、王朝が創始した後、氏を「夏后」としました。

禹は即位した後の暫くの間は、武器の生産を取り止めて、田畑では収穫量に目を光らせて農民を苦しまることはせずに、宮殿の大増築は当面の間先送りしていました。また関所や市場にかかる諸税を免除して、地方に都市を造り、煩雑な制度を廃止して行政を簡略化しました。

その結果、中国の内はもとより、外までも朝貢(ちょうこう)を求めて都城に来る様になりました。更に禹は。河を意図的に導く方法をとるために、様々な河川を整備して周辺の土地を耕し、草木を育成します。中央と東西南北の違いを判別するために、旗によって人々に示して古のやり方も踏襲して、全国を分けて九州を置きました。禹は倹約政策を取って、自らも率先して行動していました。『竹書紀年』によると、「禹」は、45年間の帝として君主として統治していたといいます。

帝に即位した後に、皋陶に政治の補佐をさせていましたが、皋陶の死去に伴って益(伝説上の人物)による朝政の補佐が行われたとされています。

中国最初の世襲による王朝

禹が崩御後に、益が後継者と目されていましたが、益が執政に慣れていない事もあったため、諸侯は禹の子である「啓」を帝位に就けました。「禹」の子供「啓」が帝位に付いたこのことこそ、中国で史上最初の帝王位の世襲とされています。帝位に就いた啓は、有扈氏が服従しなかった為に服従しなかった有扈氏に討伐を加えています。

「啓」が崩御した後、「啓」の子の「太康」が帝位を継承していますが、『史記』によると「国を失った」と記録されていることから国勢の衰退が見てとれます。そして太康の5人の弟たちは「五子之歌」を作り、「尚書」にしるされていますが、その内容は、太康が戻らない事を弟達が恨んだ歌になっています。この歌から太康が遊楽に耽っていたた、朝政を省みなかった為に国を追放されたのでは。と解釈されています。

太康が崩御した後は、弟の中康が後を継いでいます。中康の時に諸侯の羲氏と和氏が淫楽に耽っていいたため、胤に命じて羲氏と和氏を討伐しています。

夏の衰退そして滅亡

中康の11代後の孔甲です。孔甲は、性格が淫乱で自分を鬼神に擬する事を好んでおり、人心は夏王朝から離れていったと記録されています。そして遂に、夏朝の徳治にも翳りが出たとされています。

また桀(けつ)、夏王朝の最後の帝になりますが、彼は人徳に欠けているだけではなく、武力をもって諸侯や民衆を押さえつけ暴虐な政治を行っていたことで、さらなる人心の離反を招いています。また、商の初代の帝となる天乙を呼び出して夏台に投獄しています。結局、天乙は後に釈放されますが彼は徳を修めていたので、諸侯が天乙下に集まり、ついに夏の最後の帝になった桀を倒します。ここで「夏」の時代は幕を閉じることになりました。

『特別展 中国王朝の至宝』特別展示品の国宝「阿育王塔」など一級国宝がすごい

『特別展 中国王朝の至宝』特別展示品の国宝「阿育王塔」など一級国宝がすごい イメージ